新型コロナウイルスへの対応方針

1.感染予防について
・手洗い、うがい及び手の消毒などを徹底しています。(ワンプッシュ運動)
・職員はマスク及びフェイスシールドの着用を徹底しています。
・手で触ったドアノブ等にウイルスが付着していることを想定し毎日次亜塩素酸水で消毒を行っております。(H29年度から)
*全ての部屋で弱酸性次亜水を噴霧しております。(H29年度から)*人体に影響が出ないよう濃度管理を徹底しています。
★当園ではノロウイルス、インフルエンザ予防、食中毒防止、脱臭に最も効果のある人体に安全な弱酸性次亜水を使用しています。
コロナ対策に対してはまだはっきりしていませんが…

2.健康管理について
・登園時体温の検温の測定を行います。(園児、職員、訪問者)
・37.5℃以上の発熱、呼吸器症状が認められる場合には利用を断る取り扱いとさせていただきます。(解熱後24時間経過してからの登園となります)